2006年01月29日

モーツアルトづくし


【音楽】

天使のメロディーのモーツアルト。

今年の1月27日はモーツアルト生誕250年になる。

わずか、と言うべきか、はるか、と言うべきか、250年前にモーツアルトだけが許された天使のメロディーを聴くこと。

それを今、僕らは10cmにも満たない機械で聴くことが出来る。


◆モーツアルト〜交響曲第40番ト短調K550 交響曲第41番「ジュピター」〜

◆モーツアルト〜交響曲第40番ト短調K550 交響曲第41番「ジュピター」〜


【映画】

・『アマデウス』

1825年、オーストリアのウィーンで、1人の老人が自殺を図った。
彼の名はアントニオ・サリエリ。
かつて宮廷にその名をはせた音楽家である。

そのサリエリが、天才モーツァルトとの出会いと、恐るべき陰謀を告白する。

「モーツァルトは殺されたのでは…」。

19世紀のヨーロッパに流れたこのミステリアスな噂をもとにしたピーター・シェーファーの戯曲を、完ぺきに映画化。第57回アカデミー作品賞ほか、全8部門を受賞した。


アマデウス

アマデウス(期間限定)





posted by ホーライ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシックと名作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

『ショーシャンクの空に』流れる雲と『ストレンジャー』


【音楽】

ビリー・ジョエルに撃たれる

『ストレンジャー』で衝撃のデビューを果たし、その後も独自のサウンドで世界のトップを行く数少ないアーティストだ。

都会派の音楽に憧れたものです。


ビリー・ジョエル/ビリー・ザ・ベスト


【CD】ピアノ・マン:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ビリー・ジョエル / ビリー ジョエル







【映画】


『ショーシャンクの空に』流れる雲

何度も紹介したような気がするが、何度でもお奨めする映画です。

無実の罪で服役した主人公が刑務所内で過ごしていく映画ですが、生きることの素晴らしさを感じないではいられない映画。

こんな映画を作った人と作者(スティーブン・キング)と同世代に生きていて良かったと思います。

ショーシャンクの空に







posted by ホーライ at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

ペーパームーンで永遠に


【映画】

「ペーパー・ムーン」で暖まる

人間は性善説か性悪説か、どちらが好きか?

もともと性善説も、性悪説も科学的なデータが有る訳ではないので「どちらが好きな説か?」ということになる。

映画を観たら心が寒々とする映画と温かくなる映画と「チ!」という映画が有る。

「ペーパー・ムーン」を観ると人間は性善説でも性悪説でも、どっちでもいいやん! この映画を観て、心を温かくしようぜ!と思う。

映画の中で実の父娘がそのまま父娘を演じているが、おやじは完全に娘に食われています。

聖書を売りつける詐欺師の男と、母親を交通事故で亡くした9歳の少女との、互いの絆を深めていく物語を描いたロード・ムービー作品。ライアン・オニール、テイタム・オニールほか出演。

ペーパー・ムーン スペシャル・コレクターズ・エディション







【音楽】


永遠のスクリーンミュージック

映画は映像に生命を吹き込む。音楽は記憶に息を吹き込む。

音楽はそれを聞いた時代の風と匂いと切なさを思い出させてくる。




posted by ホーライ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽とドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

音楽と映画のモンスター同士の対決

【音楽】

Beatles / Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band

ザ・ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブバンド』

発売当時から『不朽の名作』と謳われたアルバムで、ポップス界でこのアルバムを超えるものは出ないのではないかと言われた。

【Rock/Pops:ヒ】ビートルズBeatles / Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (CD) (Aポイン...

ビートルズ Beatles / Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (CD)

このアルバムが不朽の名作と言われる所以は一曲一曲が素晴らしいこともあるが、アルバムのトータルとしても完成度が高いというところにある。

ラブソングとメッセージソングの狭間に位置するこのアルバムは確かにビートルズの歴史を語る上では欠かせないエポックメーキングなアルバムである。

純粋に楽しめるぞ♪






【映画】

大人のための『モンスターズ・インク』モンスターズ・インク

全編CGを使ったこのアニメは「子ども用」ではない。
むしろ大人が鑑賞して、考える映画である。

夢を忘れ人生を諦めかけている大人こそ必見の映画だ。


モンスターズ・インク

モンスターズ・インク




posted by ホーライ at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽とドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。