2006年09月30日

吉田拓郎と「LOVE2 ALL STARS」「みんな大好き」

人気の音楽バラエティ番組から誕生したバンド、「LOVE2 ALL STARS」は武部聡志、高中正義、中川雅也などを基本メンバーとし、本作では21人の豪華アーティストを率いた、拓郎初のセルフカバー集。

厳選された70~74年までの楽曲16曲に、ヒットした同番組の主題歌も収録された秀作。

何と言っても、ビッグアーティストのセッションが聴きどころ。

拓郎の人生観が集約されたフォーキーな世界が、バンドサウンドによってスケール感を増してよみがえる。

拓郎の軌跡をたどりつつ、若い世代にもその魅力をアピール。

円熟&ゴージャスなアレンジで甦る往年の名曲の数々。

さすがに聴かせるが,やっぱり丸くなった感は否めぬ。

しかし、この年齢になって初めて味わい深い作品になっている曲もある(「野の仏」や「どうしてこんなに悲しいのだろう」(絶品!!)、「人生を語らず」など。)

僕もこの年齢(46歳)になって、その作品の良さが分かってきた気もするし。


吉田拓郎と「LOVE2 ALL STARS」「みんな大好き」(アマゾン)

吉田拓郎と「LOVE2 ALL STARS」「みんな大好き」(楽天)


タグ:吉田拓郎
posted by ホーライ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPと日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

バッハの無伴奏チェロ組曲

パブロ・カザルスの息遣いまで聞こえてきそうな演奏によるバッハの無伴奏チェロ組曲。

ただの練習曲を名作だと判断したとき、カザルスはまだわずか13歳だった。


カザルス/バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)

カザルス/バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)


そして、今や伝説として語り継がれている国連でのカザルスの名演奏です。

鳥の歌~ホワイトハウス・コンサート

カザルス/鳥の歌〜ホワイトハウス・コンサート



この惑星には「ピース、ピースと鳴く鳥」はいないのだろうか?
posted by ホーライ at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシックと名作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

ボブ・ディランが30年ぶりに米アルバム・チャートのトップに立った

30年ぶりの快挙で、ディランのキャリアを通じても4度目、という。

6日に発表された販売データで判明した。
 
販売データによると、ディランの最新アルバム「モダン・タイムズ」は、9月3日までの1週間で、19万2000枚を売り上げた。

ディランの前回のチャートトップは、1976年の「ディザイアー」だった。




ボブ・ディラン、5年振り新作オリジナルアルバム、遂に登場!

前作『ラヴ・アンド・セフト』以来5年振りとなる新作登場タイトルは『Modern Times/モダン・タイムス。

通算44枚目となるニューアルバムは10曲入り、現在のツアー・バンドとともにレコーディング。

ディランはヴォーカル、キーボード、ギター、ハーモニカを担当している。

ジャック・フロスト プロデュース。

'06年5月24日に65歳の誕生日を迎えたディラン。

これまで43枚発表したアルバムの通算セールスは1億枚、キャリア中で実に1000回以上のライヴを行ってきた。

活動歴45年を数えた今もなお歌い続けるロック界最重要アーティスト&生き続ける歴史ボブ・ディラン。

05年は三部作自伝の第一部「ボブ・ディラン自伝(The Cronicles)」が日本でも発売となった。

同11月にはマーティン・スコセッシ監督による、ドキュメンタリー映画「NO DIRECTION HOME」(6月23日DVD発売)の公開により、世界が「ディラン再評価ムーブメント」で加熱され、新作の世界同時発売を受けて沸点を迎える!



モダン・タイムズ(初回生産限定盤)(DVD付)/ ボブ・ディラン

【CD】【10%OFF!】限>モダン・タイムズ【DVD付初回限定盤】 / ボブ・ディラン



モダン・タイムズ(初回生産限定盤)(DVD付)



posted by ホーライ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽とドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

ブラームスの交響曲第1番

クラシック音楽の定番とも言うべきウィーンフィルハーモニー交響楽団とカール・ベームによるブラームスの交響曲第1番です。

ブラームスはこの曲を完成するまでに10年の期間を要したと言われています。
何故でしょう?

僕が学生時代に所属していたオーケストラを指揮してくださっていた方に聞いたところによると、ブラームスはベートーベンと格闘していたようです。
9つの交響曲を書き上げたベートーベンにより、もう交響曲は全て作曲されつくしたという感が有ったなか、ブラームスはなんとしてもそのベートーベンの9つの交響曲を上回る曲を作りたかったというわけです。
(気持ちは分かります。)

そして出来上がったのがこの交響曲第1番。
この曲の第4楽章には、ベートーベンの交響曲と闘った、そんなブラームスの苦悩を表すかのような旋律がでてきます(聴いてのお楽しみ)。

孤独って、自分との戦いなんだね。


ベーム/ブラームス:交響曲第1番

ベーム/ブラームス:交響曲第1番


ブラームス:交響曲第1番



posted by ホーライ at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシックと名作劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。