2006年07月03日

どうして?『ライフ・イズ・ビューティフル』

どうして、このタイトルをつけたのだろうか? この映画を一見して、人生は美しくない、と彼女は言った。


観ると分かるのだが、人生は切なく、哀しい。

そして、それは自分とは無関係の運命に翻弄されていたとしてもだ。

笑いを唯一の武器にして、子供を救う父親の悲しいまでの姿。

でも、誰だって、何かしらを演じて、ここまでやってきた。


やっぱり、『ライフ・イズ・ビューティフル』なのかな。


ライフ・イズ・ビューティフル

ライフ・イズ・ビューティフル


ライフ・イズ・ビューティフル




今度は月も笑っていない。


posted by ホーライ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(1) | ジャズと映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ライフ・イズ・ビューティフル
Excerpt: 人生は、たからもの。 ライフ・イズ・ビューティフル  98年 イタリア 監督 ロベルト・ベニーニ 1939年イタリア、トスカーナ地方。ユダヤ系イタリア人のグイド(ロベルト・..
Weblog: みるよむ・・・Mrs.のAZ Stories
Tracked: 2006-07-07 11:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。