2006年07月07日

生きているって言ってみろ

お馴染み、秋田出身の孤高のシンガー・ソングライター、友川カズキの2005年のライヴ。

ギターを激しくかき鳴らし、特有の情念が宿った絶唱スタイルのヴォーカルは健在。

同時代体験のない若い世代が聴いたら、カルチャー・ショックを覚えるかもしれない。

僕も始めて彼の歌を聴いたときは50光年ほどぶっ飛んだ。


友川かずき/ライブ2005バナナホール

友川かずき/ライブ2005バナナホール


(1)エリセの目
(2)ユトリロの逃げ脚
(3)乱れドンパン節
(4)一つのメルヘン
(5)サーカス
(6)おとうと
(7)桑名の駅
(8)あやかしの月
(9)サトル
(10)春は殺人
(11)ピストル
(12)湖上
(13)赤いポリアン
(14)ワルツ
(15)生きてるって言ってみろ




posted by ホーライ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPと日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20429051

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。