2006年11月25日

何かを始めようとする時に聴きたい曲No.1

ロッキー(1)

フィラデルフィアに住むイタリア系の青年、ロッキー・バルボアは日銭を稼いで生活する、しがない4回戦ボクサー。

友人の妹・エイドリアンに心惹かれているが、内気な彼女との関係はなかなか進展しない。

そんなある日、彼は世界ヘビー級チャンピオン、アポロとの対戦という、またとないチャンスを掴む。

過酷なトレーニングをこなし、試合当日を迎えたロッキーだったが…。


主演・脚本を兼任したシルベスター・スタローンの大出世作であり、世界中を熱狂させたボクシング・ドラマ「ロッキー」シリーズ第1作。

当時全く無名だったスタローンの脚本を同じく駆け出しの監督、アビルドセンが低予算・短期間で撮影。

世界中で大ヒットを記録し、スタローンはリングで戦うロッキーさながらのアメリカン・ドリームを実現した。


印象的なテーマ曲を聴くと胸が熱くなる方も多いはずだ。

'76年度アカデミー賞最優秀作品賞、監督賞、編集賞受賞作品。



シルベスター・スタローンを一躍スターダムにのし上げた「ロッキー」のサントラ盤。

{やれば出来る}というアメリカン・ドリームを現代に描いたこの映画,全世界で大ヒットを記録した。

ビル・コンティのテーマ音楽も力強く感動的に取り入れられていた。

何かを始めようとするときに、このロッキーのテーマほどお似合いの曲は無いのではないだろうか。

ドラマ自体が、ロッキーの下積み時代を反映されているので、ピアノのソロなどは結構、聴くと、しんみりするけれどね。


『サントラ盤』

サントラ/ロッキー(1)






ロッキー(1)







『映画』










心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

音楽が無ければ始まらない

極める!「ホーライ・ブックセンター」


posted by ホーライ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 洋楽とドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「シルベスタースタローン」プロフィール
Excerpt: 1946年7月6日、ニューヨークのヘルズ・キッチンに生まれる。 出産時に医師のミスにより顔面の左側(特に唇、顎、舌)の神経に傷がつき麻痺を起こしたことが原因で言語障害を発症。崩れた容姿と脆弱な性格..
Weblog: Rocky Balboa
Tracked: 2006-12-02 21:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。